利息の計算の仕方とは

利息の計算の仕方とは

利息の計算方法

利息を計算しておく

キャッシングを利用する時、金融機関のホームページを見ると「実質年率(もしくは貸付利率など)4.5%〜18.0%」という文言を見かけます。
お金を借りたら最終的には利息を含めた分を返済することになります。
借入残高に対して利息を計算しますが、この計算に使われた金利を実質年率と呼んでいます。(キャッシングの金利は基本的に年利で表示するため)

 

例えば10万円を借りて金利18%、1か月後に返済する場合、100,000円×0.18÷365×30日=1,479円が利息であり、1か月後に101,479円払うと完済したことになります。
もちろん1か月後に1,479円だけ返しても元金は減っていないことになり、いつまでも完済できません。
1か月で借りた分を全て返すのは難しいかもしれませんが、できるだけ毎月の返済額を多くした方が完済への道が近くなります。

 

キャッシングを利用する時に実質年率が記載されていない業者は悪徳業者の可能性があるので利用しないほうがよいでしょう。
そして自分でも返済計画をシミュレーションすることをおすすめします。